2012/11/14

サラリーマンがサイドビジネスを持つべき理由

私はサラリーマンも自分のサイドビジネスを持つべきだと思っています。戦略をもって出世コースを登ろうとしているのでなければ、会社の仕事に忙殺されるだけでなのは社畜です。サイドビジネスを手がけることによって、サイドビジネスでしか身につかないビジネススキルを獲得し、会社の仕事に活用して相乗効果を生み出すはずです。そして、経済的に自立した立場を勝ち取ることができれば会社と対等な立場に立つことができ、本当にやりたい仕事と向き合えるようになるのです。
サラリーマンがサイドビジネスを持つべき3つの理由をあげてみます。


自分でリスクを取ってビジネスをする感覚を養う
サラリーマンとして仕事をしていると、自分でリスクを取って仕事をする機会がありません。部下に責任を擦り付けるような会社は論外ですが、もしあなたが一般社員や課長レベルなら、普通の企業では自分が責任を取ろうとしても取らせてくれません。いつだって責任を取ることが出来るのは自分の上役なのです。
部下の失敗に対して上司が責任を取るというのは美談のようにも聞こえますが、自分でリスクをとって挑戦してみたい部下にしてみれば、自分の失敗に他人を巻き込む厄介な仕組みでしかありません。しかし、この仕組みは会社の存続のためには最適なのでしょう。地雷原にどんどん突っ込むような社員ばかりでは会社は成り立ちません。会社に所属する限り、出世コースを登って自分で責任を取れる立場にならないと、自分でリスクを取って自分の考えで推し進めることができません。
このような会社というシステムの中では、本当の意味で自分の仕事をする、という機会に恵まれません。自分でリスクをとって行うビジネスと、そうでないビジネスでは、真剣味が違いますし、そこから得られるスキルや学びも深さが全く違うでしょう。


ビジネスに対して本気で取り組む
これもリスクを自分で取るということにも通じますが、自営業者やベンチャー企業経営者のようにビジネスに失敗したらそこからの収入源がなくなってしまうという緊張感のある状況に身を置くことも大切です。
そういう緊張感の中にあってはじめて、本気でビジネスについて考えることができると思います。個人差はあると思いますが、会社から与えられた仕事に対して自分のビジネスと同じ位本気で取り組むのは難しいはずです。
とは言うものの、サラリーマンをしながらのサイドビジネスとオーナー社長のリスクは大きく異なります。サイドビジネスがこけてもサラリーマンとしての仕事は残るので、オーナー社長と同じレベルの緊張感を得るのは困難でしょう。しかし、サイドビジネスとはいえある程度自分の時間と資金を投じているので、失敗しても定額の給与がもらえるサラリーマン仕事よりは間違いなく本気で取り組めます。
サラリーマン仕事は組織単位で責任感が分散してしまうので、自分がビジネスオーナーになった時ほど真剣に考え行動できるものではありません。さらに、組織最適な行動原理が身についてしまい、顧客本位、ビジネス本位な見方ができなくなります。サイドビジネスを持つことによって、会社組織では得ることが難しいビジネスマインドを身につけることができます。


会社からの経済的自立を勝ち取る
正社員という雇用形態の最大のメリットは、よほど大きな失敗や、よほど使えない人材でない限り、安定的な給与にありつけると言うことです(今のところ)。しかしこれを逆の視点から見ると、会社にとらわれ、言いなりになると言うことで、自分のキャリアに対する権利と責任を実印ごと会社に預けているようなものです。正社員が安定した雇用になったのは戦後から始まった歴史の浅い習慣で、いつこのシステムが瓦解するかわかりません。社内でしか通用しない社畜になってしまった人がこのシステムから放り出されたら、生き残る術はありません。
サイドビジネスを持って会社の給与だけに頼らない仕組みを獲得できれば、自分に必要のないポジションへの異動は断ることができますし、給与が下がったとしても自分が追求したいキャリアを追求することができます。経済的な自由を獲得し、会社と対等な立場なのですから。


一つ誤解のないようにお伝えしておきたいのは、決して会社の仕事をおざなりにしていいということではありません。サイドビジネスはサイドビジネスである限り、本業をサポートすべきものです。サイドビジネスを本業にするときに初めて優先度を入れ替えるべきです。
最近は、ネットでアフィリエイトやオンラインショップなどサイドビジネスを始めやすい環境が整ってきています。この期を逃す手はないでしょう。


 にほんブログ村 経営ブログへ

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...