2012/12/22

リブセンスのしたたかなビジネスモデル


リブセンスは村上太一氏という25歳で史上最年少で上場を果たした社長で有名な人材会社です。

メディアでも最年少の上場企業社長!というキャッチーなポイントばかりが取り上げられていますね。
もう少しビジネスよりのメディアだと成功報酬型というキーワードが出てきています。


人材業界といえばリクルートやインテリジェンスという超大手企業がいるのに、なぜ成功報酬型で成功したのでしょうか?


成功報酬型ということは、アルバイト募集企業がアルバイターを採用したらその時初めて報酬をリブセンスに払うということです。
グルーポンなどのクーポンサイトも似たようなビジネスモデルですが、なぜこのビジネスモデルを採用したリブセンスが後発ながら大躍進を遂げたのか考えてみます。


まず、リブセンスにとって人材募集媒体としてWebサイトが主戦場です。
WEBでビジネスを行うにあたって最も重要なのは、トラフィックを増やすこと。
つまり、WEBサイトを訪問してくれる人を増やすことです。

訪問者が増えないことには顧客企業としてはアルバイト募集広告を掲載する価値がありませんし、募集広告がなければ訪問者はサイトに魅力を感じず、より足が遠のきます。
卵が先か鶏が先かではないですが、運営者は何かをきっかけにサイト訪問者を増やす活動をしなければいけません。


リブセンスの場合、成功報酬型というビジネスモデルとSEO対策がメインウェポンだったのです。


成功報酬型であれば、企業は何のリスクもなしに広告を掲載できます。
このため、知名度が低かったリブセンスでもはじめからある程度掲載企業を獲得することができたのでしょう。

一方、リクルートやインテリジェンスのような既存企業は広告枠を売るビジネスモデルなので、掲載する時点でお金がかかります。

このように、成功報酬で募集広告掲載企業のリスクをリブセンスが負うことで募集広告を増やし、その結果アルバイトを探しているユーザーのアクセスを集めたのでしょう。


SEO対策もリブセンスの強みだったようです。

アルバイトを探す場合、最もよく使うキーワードはアルバイトをする場所でしょう。
リブセンスはアルバイトに地名を絡めた検索ワードでSEO対策を徹底しており、多くの地域で1位表示されます。
私が住んでいる地域で検索しても1位で出てきますね。

このSEO対策が後発であったリブセンスのサイトにアルバイトを探しているユーザーのトラフィックを集める原動力になったのですね。


募集広告が集まって、ユーザーが集まってくれば、あとはポジティブなスパイラルで掲載企業とユーザーがどんどん増えてくることになるはずです。


Webを使ったビジネスの面白さは、会社の規模や投資の大きさだけで検索順位が決まるわけではないということです。
新しい企業であっても、上手くすればWeb上の一等地(検索順位で上位)にサイトを開くことが出来るのです。



なぜ、あの会社は儲かるのか? ビジネスモデル編
山田 英夫
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 409

 にほんブログ村 経営ブログへ
 
 

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...