2013/06/18

紙とペンが最強の思考ツールである


今日は普段と趣向をちょっと変えて、ノウハウやツールについてちょっと語ってみたい。

思考するときに使うツールについてだ。

まず初めに断っておくと、どんなツールを使おうがそれは人それぞれ好みに応じて使えば良いと思っているので、へーそう考える人もいるんだふーん、くらいのスタンスで読んでいただきたい。

結論から言うと、私は人が何か思考するのに最も適したツールは紙とペンだ。
しかもなるべく「書く」という行為に集中力が削がれないものがいい。
私はインクが途切れにくいゲルインクのボールペンと、A4見開き(つまりA3サイズ)の無掛ノートを愛用している。

反対に、パソコンのワードやパワーポイントを使って思考するの全くもって効率が悪いと思っている。
最近はマインドマップソフトもあるけれど、私も使ってみたもののやはりイマイチだ。

なんで鉛筆やシャーペンでなくてボールペンなのか、はたまたなぜA4サイズで無掛というあまり普通の文房具屋に置いていない上にちょっと高いノートを使っているのか、それぞれに明確な理由を持っている。
ちょっとうんちくを語らせていただこうじゃないか。

後戻りしない思考

ボールペンを使う理由は、鉛筆やシャーペンでは消しゴムで消して後戻りできてしまうからだ。
私たちは小学生の時から減点主義の教育を受け、間違えることは悪いこと教えられて育てられてきた。
その結果、とても多くの人達が間違えを恐れて最初の一筆を躊躇する。
あるいは、書いた事柄を振り返ってもうちょっと綺麗な字で書きな直そうかしら、とか言い回しがイマイチだなので言葉を変えようとか、いつまでもくよくよ気にしてしまう人がいるのではないだろうか。

何を隠そう私自身その手合いだ。
ついつい言葉選びで悩んでしまい、そこで手が止まってしまうことがしばしばあるのだ。
ちなみに紙と鉛筆よりも修正が容易なPCで書いているともっとこの後戻り癖は強化されてしまう。(この一文だけで7回も直した。)

新しいアイディアを探してブレストしているような場合、書き終わったことの修正に少しでも気を取られてしまうのはエネルギーの分散にほかならない。
だから、一度書いてしまったらもう修正の効かないボールペンで書きなぐってしまうのがいい。
どうせ自分が分かれば良いのだから、人が見て分かりやすいノートである必要はないのだ。
見やすさよりも思考に集中することだけに全神経を注げることが重要なんだ。



思考を制限されない無掛

ノートは無掛。
これは私にとって妥協できないこだわりだ。

むしろなんでノートに横掛の線が入っているのかが理解できない。
ノートは横掛の線が入っているが、ノートを横にして横書きにする可能性を考えないのだろうか。
ノートにチャートを書くときに横掛があることによって見辛くなることを考えないのだろうか。

掛線があるだけで、私は思考が非常に制限されてしまうように感じるのだ。
どうしても掛線に合わせて文字を書いてしまうので文字の大小で表現するときに心理的な抵抗感を感じてしまう。
チャートを書くときもどうしても掛線にとらわれてしまう。

一方、無掛の真っ白なキャンパス状態のノートであれば、紙をはみ出ない限り制限するものはない。
それはそのまま思考の広がりをも左右するだろう。

もしも、無掛では読み返したときに見やすいノートが書けないではないか、という反論があるのなら私の抗弁は一言。
PCを使えばいいじゃない。



双方向の思考に対応

PCではなくて紙とペンを使うべき需要なポイントが一つある。
それは、紙とペンなら拡散と収束、双方向の思考に一つのツールで対応できるということだ。

拡散の思考とは、ブレインストーミングのように新しいアイディアを生み出すために連鎖的に発想を広げていく思考だ。
一方、収束の思考とは、広げたアイディアをカテゴリーや時間軸などの法則に従って分類しまとめる思考を意味する。

PCで思考を行おうとすると、拡散と収束で異なるツールが必要になる。
PCで拡散思考に合うツールはなかなか無いのだが、強いてあげれば一般的なテキストパッドかマインドマップのようなブレストアプリだろう。
収束思考を助けるツールは充実していて、いわゆるワード、エクセル、パワポのオフィスツール全てが収束思考に向いている。

ある程度思考を拡散してアイディアを広げた所で収束させてまとめようとすると、PCでは2つのツールを行ったり来たりすることになってしまう。
無理やりパワポで拡散と収束をしようとすれば、ツールと合わない拡散思考に集中できず、どのフォントにするかとか、どのシェイプにするかということに意識が削がれるだろう。

紙とペンなら拡散した思考をそのまま同じシートに収束していける。
スペース不足以外に無駄なことに気をそがれることもない。
だから紙とペンは思考に最適なツールなのだ。

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...