2013/07/21

クラウドファンディングに訪れる変化



クラウドファンディングという新しいプラットフォームが密かに広がり始めている。
ホリエモンが特別顧問になるだとかいう冗談が出ていたCAMPFIRE(キャンプファイヤー)やREADYFOR?(レディーフォー)といったサービスを筆頭に、日本でも徐々に知名度を上げている。
とは言うものの、世界で5000億円程度の市場規模といわれるクラウドファンディングも、日本国内ではまだまだ100億円にも満たない小さな市場だ。


まだまだ黎明期のクラウドファンディングだが、国内でサービスを提供しているのは全てWeb系のITベンチャー企業だ。
黎明期だけあってそれぞれのサービスは明確な差別化がなされていない。
だが、それでもCAMPFIREには著名人の主催する企画が多く、READYFOR?には東日本大震災のボランティア関係の企画が多いという自然な住み分けがなされている。
経営者の方針の違いだろうか。


しかし、このマーケットに大手が参入し始めようとしている。
Amebaブログを提供しているサーバーエージェントか、クラウドファンディングへの進出に名乗りをあげたのだ。
今年の5月にサイバーエージェントクラウドファンディングという企業を立ちあげ、今年の夏を目標にクラウドファンディングプラットフォームの提供を開始しようとしている。
既存プレーヤーよりも数年遅れての参入にはなるが、その知名度や、ブログやSNSとの連携させることで一気に規模を広げることができる可能性がある。

こうした新しいWebサービスを始めるときには、何よりベースとなるユーザー数が重要だ。
ユーザーが多ければクラウドファンディングを求める人も多いし、投資してみようという人も多く、結果場が盛り上がり外部からの流入も増えるだろう。

現在Amebaユーザーは約3000万アカウント存在しているということなので、ユーザーベースは十分な数存在している。
ただ、1周間のアクティブユーザーは100万人程度との話もある。
それでも十分な数ではあるが。

一つ懸念すべきはAmebaのユーザー層かもしれない。
印象としてAmebaを使用しているユーザー層は、中高生、大学生が他のブログサービス(例えばこのブログで利用しているblog.jp)よりも多いようだ。
クラウドファンディグはその投資という性質から18歳以上、20歳以上というレーティングが設けられるだろうから、Amebaのユーザーで投資ができる人の割合はかなり減るかかもしれない。


AmebaのようなWebベンチャーのジャイアントが参入してくると、クラウドファンディング業界に大きな変化をもたらすことは間違いない。
大手参入によって引き起こされるであろう業界の変化は次回のエントリーで考察してみたい。

関連エントリー:
2013/7/21 大手参入がクラウドファンディング業界に与える変化 1


photo credit: epSos.de via photopin cc

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...