2013/08/08

調子に乗って舞い上がる人あれば落とす人あり

人間、恥じ入り反省するときも必要

今日は教訓めいた話を一つ。

仕事でもプライベートでも、いろいろなことがトントンと上手く進んでいるので調子に乗ってしまってお上りさんになってしまうと、そこから突き落とす人が必ず現れる。
ほとんどの仕事が上手くいっていたのに一部の作業で不備があり、そこを強烈に指摘されて落ち込んだことが、ビジネスパーソンならだれでも経験したことがあるだろう。これは神様が自分を省みて行動や思考を改めろ、というサインを出しているのだと受け取り、しっかり猛烈に反省しよう。
ちょっとモテてきたからといって調子に乗って、彼女がいるのに他の女性に手を出そうとしているのが彼女にバレて大変な目にあったのなら、しっかり反省して行動を改めよう。

こういう時に、自分を貶めた相手を決して恨んではいけない。反省の念が自分に向かわず敵意として相手に向かえば、反省して行動を変えてよりよい人間になるチャンスを失うことになる。他人の調子に乗った行動を諌めるのは、諌める人からすれば何のメリットもなく(中にはストレス解消になる人もいるかもしれないが・・・)、諌めてくれたことは最大の親切であると言っても間違いではない。自分を落としてくれた相手を恨むのは、その人の親切心への裏切りになってしまう。

落とされたらそこから這い上がって、前よりさらに高みに行ける。それが成長だ。成長には落とされた怒りと恥ずかしさと悔しさにまみれながら掴み取るものなのだ。


というわけで、ここ最近の自分の驕りと犯した失敗を反省してしっかり成長したいと思います。。。

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...