2013/10/29

艦隊これくしょんは新たな収益化モデルの挑戦 2

艦これ

前回に引き続き、艦これのゲームの優位性と革新的な収益化モデルについて解説していこう。

関連エントリー:
2013/10/28 艦隊これくしょんは新たな収益化モデルの挑戦 1

■マニアックかつ高いゲーム性

艦これが100万人とうユーザーを獲得できた理由は、カードゲームのフォーマットを使ってハードルを下げたことだけに留まらない。

カードのキャラクターは実際の戦艦を元にした萌えキャラのイラストで「艦娘」というそうだ。艦娘の名称は実在する戦艦をモデルにしており、各カードのパラメーターも実際の戦艦をモデルにしているということで、戦艦マニア・軍事マニアの人達も惹きつける仕様になっている。

萌えキャラという要素だけで集客できる属性のカスタマーはソーシャルゲームのプレイヤーとオーバーラプが大きく、新しいプレイヤーの獲得には貢献しないだろう。だが、ここに戦艦という要素を加えることによって新しい属性の人達をソーシャルゲームに呼び込むきっかけになる。多くのファンを獲得した理由の一つに、このプラスアルファの要素があっただろう。


ソーシャルカードゲームというと、私も1つか2つ試してみたことはあるのだが、とてつもなくシンプルなゲームなのだ。戦闘の要素はカードの強さとあとは乱数だけで、クエストモードなどと呼ばれるものもあるが、とても面白いと感じるシロモノではない。

艦これは、モチーフが戦艦ということもあり、戦争シミュレーションゲームの要素を含んだゲームになっている。単純な例で行くと、戦闘をしていると艦娘は破損し、場合によっては撃沈されることもある。破損すると修復アイテムを使って修復しなければならず、撃沈された場合は無慈悲にもそのカードは永久に失われる。そしてゲームの戦略性も、戦争シミュレーションゲームを楽しむ硬派なゲーマーにも受け入れられる内容となっているそうだ。

■一つの資産(知財)を使いまわす

さて、最後に艦これの収益化について触れてみよう。

他のソーシャルゲームとの相違点でも書いたように、艦これはゲーム内課金という要素は残しつつもそれをメインの収益源とはしていない。あくまでも消耗アイテムだけの販売としている。

代わりにこのゲームのディベロッパーである角川ゲームスが描いている構想が、マルチメディア戦略である。角川ゲームスは艦隊これくしょんのソーシャルゲームで獲得したファンに対し、グッズや書籍等の販売、そして知財のライセンスという方法で収益化を図っている。

既に艦これは様々なグッズが販売されている。ちょっとAmazonで検索してみるだけで漫画やファンブック、フィギュアやTシャツ、ポスターなど多岐に渡るグッズが出てくる。しかも艦娘のキャラクターは100種類を超えているため、グッズの種類も豊富になりファンの収集欲を刺激することだろう。さらに2014年の夏にはアニメーション化も予定されているそうだ。

ゆくゆくは、版元の角川ゲームスが様々な消費財メーカーにライセンスし、商品パッケージに登場させるなどのビジネス展開も開始するものと予測される。


この一つの知財を使いまわして複数のメディアから巨利を得るというモデル、実はウォルト・ディズニーが採用したクラシックな戦略である。
皆さんも御存知の通り、世界で最も有名なキャラクターとも言うべきミッキーマウスをウォルト・ディズニーは生み出した。ディズニーはただ映画をヒットさせてミッキーマウスという資産を生み出しただけでなく、ディズニーランドのようなアミューズメントパーク事業やグッズ販売事業、そしてライセンシング事業を展開した。

メディアミックス戦略の面白いところは、ミッキーマウスという資産を使いまわしても、他の資産と違って消耗することも目減りすることもなく、むしろ相乗効果でブランド価値が高まることにある。それだけ厳しいミッキーマウスのブランド保護(御存知の通り、ミッキーマウスの版権違反には訴訟という厳しい態度を取る)を実行する必要もある。


一つの知財を使いまわす戦略はウォルト・ディズニーによって恐らく初めて実行されい、それをスライウォツキーが体系化した。詳細はスライウォツキーの「利益増殖モデル」に関するエントリーを参照いただきたい。

参考エントリー:
利益モデル7. 利益増殖モデル その1
利益モデル7. 利益増殖モデル その2

艦これのメディアミックス戦略はある程度認知が広まってきたこれからに掛かっているだろう。9月現在では角川ゲームスは利益を上げられていないようだが、利益増殖モデルが上手く回り始めれば、これから大きなリターンを返してくれることだろう。
これからの艦これの発展を引き続きモニターしていきたい。

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...