2013/12/20

女性社員を育てるということ 1/2

女子社員マネジメントの教科書

今の時代、女性活用というキーワードは企業の人材育成の中で重要なトピックとして扱われる。競争がより厳しくなる中、プロフェッショナル人材の質と量のレベルアップに企業の生き残りがかかっている。

私も女性含むチームメンバーの育成を担う身としてヒントを得るために、「女子社員マネジメントの教科書」(田島 弓子著)を読んだ。そのなかで様々なハッとする発見があったのでシェアしてみたい。

■仕事と自分自身が感情でリンクしてしまっている

本の中で語られていたことで、一番納得感があったのはこれだ。自分の身の回りにいる女性社員にも、仕事のダメ出しに対してついムキになって反論をしてしまう人や必要以上に絶望して落ち込んでしまう人がいるのだが、彼女達がこんな反応をしてしまう理解できた。

女性にとって、自分が行った仕事に対する評価は自分自身の人間性に対する評価とイコールであるため、仕事にダメ出しされると自分という人間が否定されたように感じてしまうのだそうだ。だから男性社員よりも落ち込んでしまったり、拒絶反応として怒りを感じることが多い。また、一般的に男性と比較して自分の能力を過小評価する傾向にあるため、男性に大して普通の叱り方でも、女性は立ち直れなくなってしまうほどのダメージを受けることもある。そんな自信の無さに起因して、上司から仕事を任されるときも100%の自信がないと「私にはできません!」という反応をしてしまうので、男性上司がこの人はやる気がないんだ、と誤った判断を下してしまう。

こうした女性の特性への対処法としては、感情的に叱らないということが一番大事。女性は共感力に優れているので、上司の顔色を見れば自分の仕事に対して不満が分かる。だからあえて叱り飛ばすような事をする必要はない。ただ淡々と何が悪かったのかを指摘し、どうすれば問題を解決できるかという前向きなトーンで話を締めくくることが重要なのだ。そうすれば、女性社員も必要以上に萎縮したり、自分を責めることはなくなり解決への迅速なアクションにつながる。

■ルールの中で仕事することに慣れていない

これも目から鱗が落ちたフレーズだ。著者の田島氏によると、男性は子供の頃から野球やサッカーなどの団体競技に参加することが多く、また、音楽好きな文化系だったとしてもバンドをやったりと、何かと複数の人でひとつの目的のために努力をする機会が女性より多いというのだ。だから女性よりも自分が組織においてどういう役割を求められているかに敏感で、そしてその役割を全うすることに疑問を感じることもなく、むしろそれに誇りを持つ。一方女性は、ある目的のために組織で行動するという経験が少ないため、「これやっておいて」とか「この仕事を頼みたい」という上司からの言葉に対して「なんで私が?」という反応をしてしまうのだという。

これも決して良し悪しというものではなく、そういう経験による違いがあるのだということを理解しなければならない。著者によれば、女性に対しては男性に仕事を依頼するときよりも時間をたっぷりかけてその目的を説明し、なぜその人がやらなければならないのかを明確に説明してあげるとよいとアドバイスしている。この処方箋は同じく組織で目的を達成するという経験が少ない最近のゆとり世代に対しても有効なのかもしれない。

いちいち説明するのは骨が折れると思うかもしれないが、前項で述べたように仕事と自分が感情でリンクしている女性は一度責任感を持って取り組むと、男性にはとても敵わない責任感をもって仕事を最後まで全うしてくれる。このような違いを理解して、女性の良い所、男性の良い所を上手く活かしていけるのが、これからのマネージャーに求められる姿なのだろう。
 
  

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...