2014/02/20

shazamのコンバージョンまでのルートが美しすぎる件

Shazamロゴ

Shazamというサービスをご存知だろうか。iOSとAndroidの専用アプリを立ち上げ、内蔵マイクで流れている音楽を拾わせるとものの数秒でその曲を探し当てるという便利アプリだ。全世界で1000万以上ダウンロードされていてファンも多く、つい最近Androidアプリがアドネットワークへ個人情報を送信していたことが発覚した事件もあってご存知の方も多いだろう。

私は流行りのアプリやガジェットにそこそこアンテナを張っているつもりなのだが、Shazamはつい最近まで知らなかった。使ってみて数秒で曲を確実に当てるテクノロジーと、利用からコンバージョンまでの流れがあまりにも美しかったので取り上げてみたい。

■利用場面からコンバージョンまでの美しい流れ

Shazamの何が一番気に入ったかというと、ユーザーがこのサービスを利用してコンバージョンに至るまでの心理的なハードルを下げる仕組みと、さらにそれを増長するようなシンプルで利便性の高いUI・UXだ。

・気になった曲≒欲しい曲

Shazamのサービスでは探し当てた曲を購入できるiTunesリンクやそのアーティストのコンサート情報にワンクリックでアクセスできるようになっている。いわゆる購入に至った曲のアフィリエイト収入が主な課金方法のようだが、これが実に上手くできている。

同じアフィリエイトビジネスとしてブログアフィリエイトとの比較を考えてみよう。一般的に言って、そのアフィリエイトブログにランディングするユーザー(=利用ユーザー)が購入意欲の高いユーザーである確率はあまり高くない。ブログアフィリエイト商品というと、よくダイエット食品なんかが取り上げられていたりするが、そのページに辿り着いたユーザーの多くはそのダイエット食品についての情報を集めている人である可能性が高い。そして本当に購入したい人は、楽天やamazonで検索するだろう。そこをなんとか構成や文章で購買意欲を高めてコンバージョンに持っていくのがブログアフィリエイトなのだ。

一方、Shazamのケースを考えてみよう。ふとレストランで流れている曲や垂れ流しにしていたネットラジオで流れている曲で、これちょっと良いなと思った曲を検索する、というのがモデルケースだろう。この時、ユーザーはどんな心理状態だろうか。この曲いいな、と思って探す時点で高確率で購入を希望しているはずだ。また、この曲いいな、と思った時点でタイムラグ無しで購入を薦められれば高確率でコンバージョンするはずだ。

ブログアフィリエイトと比較すると、サービス利用者が商品を購入したい人である可能性が高いのだ。
アフィリエイトモデル、広告モデルのネットビジネスは数多いが、これだけ購入意欲の高いユーザーにサービスを利用してもらえるビジネスモデルはそう多くない。このサービス設計に美しさを感じずにはいられない。

補足すると、iTunesやAmazonのような1曲1曲ダウンロード購入できるミュージックストアの普及もこの動きに拍車をかけている。かつては音楽を購入するといえばアルバムCDをまるまる1枚数千円かけて購入するのが当たり前だったが、いまや1曲ずつ購入して自分の好きなプレイリストを作るのが常識になりつつある。Shazamはこのトレンドともすこぶる取り合わせが良い。


・購買までの障壁が低いUX

購買意欲の高いユーザーにサービスを利用してもらってからコンバージョンまでのUXは重要だ。ここで使いにくさがあれば、ユーザーはiTunesアプリやブラウザからAmazonのMP3ダウンロードサイトで検索して自分で購入してしまうだろう。

Shazamはユーザーが購入するまでの離脱の可能性を最小限に保つ工夫に優れている。
一つはその場ですぐに購入できるiTunesリンクが挿入されている点だ。音楽の検索結果が出ると、ユーザーはワンクリックでiTunesでその曲の購入ページに飛べる。まあこれはよくある設計だ。

よく考えられているなと感心させられるのは、ワンクリックでその曲を視聴できるボタンが付いていることだ。コンバージョン率を高めることに焦れば、視聴ボタンを置かずにiTunesへのリンクだけ張り、とりあえずiTunesにユーザーを飛ばしてしまうという設計もできただろう。しかし、本当にその曲が正解なのかまず確かめたいというユーザーの当然の心理を汲み取って視聴ボタンを置いたのだろう。

瑣末なことかもしれないが、ユーザーにとっては満足度が高まるはずだ。


■どんな曲でも見つけてくれるテクノロジー

もう一つShazamについて語るべきは、その楽曲検索のテクノロジーだ。私が試したところ、5秒もかからず百発百中で探し出してきてくれる。1000万曲を超えるデータベースからこのスピードでこの確実性で見つけ出してくれるのは素晴らしいとしか言いようがない。

Shazamのライバル製品には鼻歌から曲を当ててくれるというものもあるようだが、Shazamでは原曲をマイクで取り込まなければならない。なぜならメロディーラインの音階といった抽象化された情報ではなく、オーディオフィンガープリントという曲全体のスペクトログラムをマッチングさせて正しい曲を探し出してくる。

楽曲のスペクトログラムをマッチングさせて曲を検索するという技術自体はさほど難しくないだろうが(それでも相当高度なはず)、1000万を超える曲の中から5秒程度で見つけてくる検索アルゴリズムがすごい。恐らく音楽の波形でデータベースの曲をグルーピングし、コンマ数秒単位で該当しないグループをそぎ落としていくという方法で検索しているのだろうか。

検索に数十秒、数分かかっていたら利用ユーザーはガクンと減るだろう。技術の粋を極めて作り上げた数秒で楽曲を検索するシステムも素晴らしいUXに貢献している。


■Shazamについて

超先進的なテクノロジーを有しているShazamだが、実は結構このサービスの歴史は古い。会社の設立は1999年、音楽検索サービスの開始は2002年だ。

当然当時はスマートフォンが存在していなかった。なのでその頃のサービスでは携帯電話からShazamの電話番号にダイアルし、知りたい曲を30秒程度流す。すると折り返しのテキストメッセージでアーティストと曲名を教えてくれるというサービスであった。

当時は一曲あたりの検索が0.99ドルという課金方法をとっていたようだ。スマートフォンが普及し、音楽ダウンロードサービスのお陰でCD単位ではなく曲単位で購入することが主流になってきた時代のトレンドにもマッチするビジネスモデルだ。
 

  

0 件のコメント :

コメントを投稿

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...