2014/04/06

外国人材の活用は慎重に考えるべき

移民問題

安部首相は減り続ける日本人労働力をまかなうために外国人労働者の受け入れを進めようとしている。企業からすれば労働市場を開放する動きは歓迎すべきものだろう。飲食や販売業のようなロースキル人材を大量に必要とするような業界では、労働力減少に加えて好景気で労働力需要が高まっており大きな問題だ。それに、東京オリンピックに向けて建設業の労働力不足もニュースを賑わせている。

参照: 首相「外国人材活用を」 建設や介護で検討指示 (日経電子版)

日本が今の経済規模や競争力を保持するためにも外国人労働社の受け入れは必要不可欠に思えるが、私個人の考えとしては慎重に慎重を重ねて限定的に少しずつ受け入れるべきだ。

■移民受け入れ国の失敗事例

私が移民受け入れに慎重な考えを持つのは、既に移民を受け入れた国がことごとく移民受け入れに失敗しているという事実だ。

例えば1960年代から東欧やトルコの移民を受け入れていたドイツ。当初は短期間労働だけが許可されていたが、移民が定住し、職を失ってもドイツ国内にとどまり生活保護を受け続けているという問題が起きている。また、受け入れている移民の大半がイスラム系であるため、宗教や文化摩擦といった問題を抱えている。

ブルガリアとルーマニアから広く移民を受け入れていたイギリスでは、実に77%のイギリス国民が移民の受け入れを減らして欲しいと考えている。キャメロン政権は2015年までに移民の数を10万人に絞り込むという公約まで掲げている。

また、ロシアでもアジア系の外国人労働力を受け入れて3Kのしごとを広く担っているが、移民に仕事を奪われたと逆上したロシア人によるアジア系住民への暴力事件や殺人事件が多発している。



どの国もはじめは慎重に移民を受け入れようとした。それこそ安部首相が掲げているようにビザの期間を限定したり、監視体制の強化も行っていた。


だが、受入期間を短期で制限しようとすれば十分な教育が行われず、移民労働者の質が上がらない。企業からは移民をしっかり教育して戦力化するためにビザ発行期間を増やすように要求が上がってくるだろう。そしてなし崩し的にビザ発給条件が緩和されることになる。

定住する移民労働者や永住権を獲得した移民労働者が増えると家族を呼び、仲間を呼び、移民の増加が加速することになる。そして一旦緩和が行われればその蛇口を閉めるのは難しい。

日本は移民受け入れに失敗した他の国と同じ轍を踏もうとしている。

■労働力不足を移民で補うことの問題

単純化すると、移民問題は経済的な問題と受入国の国民と移民の間の融和問題に分けられる。

経済的な問題は至極単純な話で、受入国の仕事を移民が奪ってしまうことと、それに付随する平均賃金の低下だ。
今回安部首相が目指す移民受け入れ政策は建設現場や介護、製造業などロースキル労働力を移民で解決する狙いだ。日本人のロースキル労働力を担う人材が移民と競合し、日本人の失業者が増える。

また、移民が増えることで労働力の供給が改善し、労働者間で仕事の取り合いが発生することになる。すると企業は市場の原理でもっと安い賃金で労働力を獲得することができる。つまり、同じ仕事でも移民が増えることでその平均賃金が下がっていくことになるのだ。



国民と移民の融和問題はもっと厄介だ。移民を受け入れる側と移民が完全に融和している国はゼロと言っても過言ではない。

移民の大半は言うまでもなく真っ当に職を得て真っ当に暮らそうと思って新天地である移民受け入れ国にやって来る。そしてそこで同じ国から来た移民たちとコミュニティを作って情報や相互扶助を行うのは生きる知恵だ。だが同時にこれは受入国との融和を妨げる行為であり、受入国からすると異分子が入ってきたという感覚を得るだろう。

移民の融和問題は経済的な問題だけではなく、宗教的・文化的な異分子を受け入れることに対して受け入れ側の国民が大きな拒否反応を示すのだ。文化的な生物である人間としては当然の免疫反応だと言ってもよい。



これら経済的な問題と融和問題は厄介なことにネガティブスパイラルを生み出す。不況期になると真っ先に移民労働者達が失業し、彼らが生活保護を受給したり、活きるための糊口を得るために犯罪を犯す。そんな移民たちに対して受入国の国民たちは拒否反応を示す。これはほとんど全ての移民受け入れ国で起きている。

■日本は外国人材活用問題をどう解決すべきか

個人的意見としては、そもそも受入国と移民の摩擦をなくすことは不可能だと思っている。移民を受け入れることのネガティブサイドがポジティブサイドを上回るという点に対しても懐疑的だ。

もし一つ可能性があるとすれば、シンガポールの手法に学ぶことだ。シンガポールでは国民が3K仕事に携わらず、時限的にその仕事限定でビザを発給された移民がその3K仕事を担っている。

シンガポールが移民を完全にコントロールできている理由の一つには、与党の人民行動党が圧倒的議席数を誇る政治体制にあるかもしれない。この点、日本がこの政策を真似るのは難しいかもしれない。

LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...